当院のコンセプト

近代(西洋)医学の進歩は、目覚ましいものであり、人間の体をパーツのように分離して考え、ミクロのレベルまで細分化し、新たな治療法(疫学的治療、再生治療、遺伝子治療、等)を探究しています。
歯科医学もその恩恵を受け、歯牙保存法・歯冠修復法・補綴法(再植・義歯・インプラント)等の治療法が確立し、それらは日々進歩しています。
しかし、それらを否定するかのように、次から次と新しい感染症や疾患が出現し、あたかも人間が自然環境(人間を含む)全体を無視した破壊(細分化)に、地球からの警告を鳴らされているようにも思われるほどです。

一方、東洋医学は、人間を自然環境(全体)の中に存在している物(単体)の一つとして観る、そしてまた、人間(単体)を通して、自然環境(全体)を観る、という世界観を持っています。
特に中国の中国伝統医学は、その世界観を通して、病気に対する内部の抵抗力を高める方法を探究しています。

当医院では、
治療-外部からの施し<トリートメント>=西洋観 と、
治癒-内部から起こる<ヒーリング>=東洋観
これら、2つの特徴が共存する、自発的治癒を導き出す医院を目指しています。